人間関係

気恥ずかしいけど!家族との絆を深める方法!

家族の絆

こんにちは、やまキーです!

貴方は家族との関係を大切にしていますか?

家族は一番身近な存在なので大切にしようという気持ちが薄れてしまうこともあります。

一番身近だからこそ今より仲良くなることで生活がもっと豊かに出来ます!

今回のテーマは【家族との絆を深める方法】となります。

この記事で得られることは下記の内容です。

  • 家族との絆を深める重要性
  • 親目線で子供と仲良くなる方法
  • 子供目線で親と仲良くなる方法

家族との絆を深める重要性

家族の絆の大切さ

日常生活の一番近い所で接する機会が多いのが家族です。

そんな家族との関係があまり良くないと日常生活にも大きな影響を及ぼします。

  • お互い(親子)の考えがわからなくなる
  • 自分の居場所がないと錯覚してしまう

特に上記の2つに大きな影響を及ぼしてしまいます。

お互い(親子)の考えがわからなくなる

テレビドラマなどでよく親子の不仲シーンがあったりしますが

意外にも家族の仲が悪い家庭も多いようです。

いくら親子といっても会話しないと何を考えているのかわかりません。

わかった気でいて実は心の中で思っていることがすれ違っている可能性もあります。

お互いの考えがすれ違ってしまうと以下のような問題が生じます。

親目線の場合

  • 長所や短所が分からないので子供の成長をサポートできない
  • 将来何になりたいか分からないので進路を示せない
  • 何が好きか嫌いかわからないので料理が困る
  • 誕生日や記念日などにお祝いできない

自分の子供のことなのに下手したら子供の友達のほうが親より詳しいかもしれません。

子供目線の場合

  • 困ったときに親を頼れない
  • 素直に甘えられない
  • 親の背中を見て成長できない

本当は頼りたくても頼れない、甘えたくても甘えられずに

不器用な子供になってしまう可能性が高くなります。

いつでも話せる存在だからこそ

毎日コミュニケーションを取り家族のきずなを深めることが重要です。

自分の居場所がないと錯覚してしまう

自分の家なのに自分がそこにいてはいけない気がしてしまい

「自分の居場所はここには無いのか」と錯覚してしまうこともあります。

ここまで行ってしまうとかなり深刻な状態です。

自分の居場所がないと認識してしまうと心のが休まる時間が限りなく少なくなり心身共に疲労困憊の状態が続いてしまいます。

結果的に、うつ病を発症してしまう事にも繋がりますので

朝の挨拶や一緒にご飯を食べるなどお互いに会話ができるきっかけを作ることが大切です。

親目線で子供と仲良くなる方法

親目線

親の期待を示してあげよう

大切なことは子供自身が親に期待されていると認識させてあげることです。

子供は自分が親から期待されているかどうか肌で常に感じています。

期待されていないと、自分は親にとってどうでもよい存在なんだと勘違いしてしまいます。

そうならない為にも「お前はやればできる」、「俺はお前の味方だから何でも困ったことは相談しなさい」、「興味があることはサポートするからやってみなさい」など言葉で子供に示してあげましょう。

そうすると、子供から親に頼ってくれる機会も増えて今より家族の絆が深まります。

子供に頼ろう

子供は親に頼られることで自分が必要とされていると認識します。

子供に頼るなんてもってのほかだ!と思っている貴方。

そんなのは平成時代に置いて来てください。

子供がスマホや携帯に詳しかったらわかりそうなことを教えてほしいと頼ってみましょう。

自分が「親に教えてあげられる、頼られている」と承認欲求を少し満たしてあげられます。

自分に自信がない人はこの承認欲求が満たされないまま成長している場合が多いので

ある程度自分に自信が持てるような子供に育ってほしい場合は是非子供を頼ってあげましょう。

また、頼ることで話す機会が増えるので学校のことだったり部活のことを話してみましょう。

子供のことを知るきっかけが増えて家族の絆が深まります。

子供目線で親と仲良くなる方法

子供目線

勉強やスポーツ、ゲームを一緒にやろう

口でなかなか仲良くなろう!とは言いずらいですよね。

そんな時は勉強の苦手なところを聞くことでも良いし、スポーツを一緒に楽しむことでも良いです。

今の時代なら、一緒にテレビゲームをやってくれる親も多いはずです!

親も子供から一緒にOOをやろう!と誘われるととても嬉しくなります。

一緒に様々なことをやっているうちに自然に学校の話や部活の話が出来るようになります。

親は自分の子供の話を聞くのが楽しみで仕方がありません。

少し恥ずかしいかもしれませんが、自分の話を親にしてみるのはとても良いことですよ!

自分がやりたいことを遠慮なく伝えよう

思いやりがある子供に多いことですが

親の顔色や機嫌を伺って自分の意見を封じ込めてしまう場合があります。

親がこれを察してくれれば解決するのですが、頭の中まで100%知ることはできません。

やりたいことや挑戦してみたいことがある場合は遠慮なく伝えましょう!

親なんですから遠慮はいりません。

言って反対されても自分がやりたい理由をしっかり伝えたら考えてくれるはずです。

自分から意見を伝えることで親も子供のことを知ることが出来るので

自分の子供が何をどう思っているのか伝えることで家族の絆は深まります。

まとめ~家族の人間関係改善~

家族の絆まとめ

家族との絆を深める重要性と方法を記載しました。

貴方が思っている以上に家族との絆は大切です。

少しでも「最近あんまり話してないなぁ」、「あんまり見かけてないなぁ」と心当たりがある場合は些細なきっかけを作って会話してみましょう。

ほかの誰よりも身近で一緒にいる時間が長い関係だからこそ

今一度家族との関係を見つめなおして絆を深めてください。