ニュース

屋内の禁煙が義務化!法律施行で罰則も有り!新型コロナも重症化!?

屋内の禁煙が義務化!法律施行で罰則も有り!新型コロナも重症化!?

喫煙者の方は今すぐ禁煙しましょう!

2020年4月1日より”原則屋内はすべて禁煙”となりました。

これは法律により義務化されていることなので違反者には”罰則”もあり得ます。

喫煙者はどんどん肩身が狭くなりますね。

飲食店運営に大きな影響がある改正健康増進法。2020年4月1日から屋内は原則禁煙になるが、一定の条件を満たしていれば、現状の喫煙環境を継続することが可能だ。また、東京都をはじめ複数の自治体では、国の動きに前後して独自の受動喫煙防止条例を制定している。中には改正法より厳しい規制が盛り込まれている場合もあるので、確認が必要だ。

引用:FOODS CHANNEL

 

では具体的に現状からどう変わるのか見ていきましょう。

やまキー
やまキー
喫煙者はこれをきっかけに禁煙を始めよう!

 

健康増進法改正で何が変わる?

今までの改正内容を簡単におさらいしましょう。

受動喫煙対策:健康増進法の改定まとめ

2019年1月24日

  • 喫煙を行う場合には周囲の状況に配慮

2019年7月1日

  • 敷地内禁煙(学校・病院・行政機関の庁舎等の第一種施設)

2020年4月1日

  • 原則屋内禁煙(事務所・工場・ホテル・飲食店・国会等の第二種施設)
  • 喫煙可能な場所である旨を掲示することで店内で喫煙可能
  • 施設内で喫煙可能(喫煙を主目的とするバー、スナック等の喫煙目的施設)

超要約すると”喫煙できる場所を超制限するからよろしく”です。

特に大きな変更点は”原則屋内禁煙”ですね。

これにより喫煙所や喫煙を主目的とする場所以外では禁煙となります。

また、ルールを破った場合には”罰則”も有ります。

やまキー
やまキー
法律を破るんだもの、罰則は当たり前だよね。

 

喫煙で”罰則”が科せられる?

健康増進法案改正で定められたルールを破ると罰則があります。

  • 施設管理者:50万円以下の罰則
  • 喫煙者:30万円以下の罰則

ルールを破って喫煙するだけで最大で50万円の罰則が科せられます。

やまキー
やまキー
喫煙しただけで50万円なんてリスクが大きすぎる!!

 

喫煙することで起こりうるリスク

周知かもしれませんが改めてリスクをまとめます。

  • 就職先が制限される
  • 重大疾患を患いやすい
  • 肺炎が重症化しやすい

それぞれを解説して行きましょう。

 

就職先が制限される

近年”喫煙者を採用しない”企業が増えています。

  • ファイザー(製薬会社)
  • 星野リゾート(旅行・ホテル)
  • コナミ(ゲーム・スポーツ)

今後も喫煙者を採用しない企業は増えるでしょう。

 

重大疾患を患いやすい

肺がんを始め様々な”がん”を患いやすいです。

その他にも下記のような重大疾患にかかりやすいです。

科学的証拠は、因果関係を推定するのに十分である疾患

  • 脳卒中
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 結核
  • 虚血性心疾患
  • 末梢性の動脈硬化
  • 2型糖尿病の発症
  • 早産
  • 低出生体重・胎児発育遅延

これらはすべて科学的に喫煙と因果関係が確認された重大疾患です。

健康を考える場合はすぐにでもやめるべきです。

 

詳細は下記の記事を参照ください。

たばことがんもっと詳しく知りたい方へ

引用:国立がん研究センター

 

肺炎が重症化しやすい

新型コロナウイルスと喫煙も因果関係が強いです。

喫煙による肺へのダメージが肺炎の重症化へつながってしまいます。

欧州連合(EU)の専門機関、欧州疾病予防管理センター(ECDC)は25日、喫煙者、および以前に喫煙していた人が新型コロナウイルスに感染すると症状が重くなる恐れがあるとする研究結果を報告した。

引用:REUTERS

やまキー
やまキー
あなたの体は一生ものだよ!もっと自分を大切にしよう!

 

屋内の禁煙が義務化!法律施行で罰則も有り!:まとめ

日本は禁煙化が世界からかなり遅れているといわれています。

東南アジアは”喫煙天国”と馬鹿にされているんです。

”タバコ休憩”という悪風習も今年で終息に向かってほしいですね。

百害あって一利なし

これ以上喫煙を続けても良いことはありませんよ?