人間関係

即効性抜群!今すぐ使える社内の嫌な奴との付き合い方

職場の人間関係サムネ

こんにちは、やまキーです。

会社に勤めていると仕事内容には不満はないのに

人間関係がうまくいかなくて改善したいと考えることが多いですよね。

今回のテーマは【職場の人間関係改善】となります。

この記事で得られることは下記の3点です。

  • 苦手な上司との人間関係を改善する方法
  • 苦手な同期との人間関係を改善する方法

負けるな!職場の人間関係改善のコツ!

それでは参りましょう。

苦手意識がストレスになる

あの人苦手なんだよなぁ。

こういうイメージを持つ職場の人間は少なからず数名いますよね。

それでも、仕事の為に嫌でもかかわる必要がある。

この苦手意識が「ストレス」として蓄積されてしまいます。

苦手意識を悟られたくない

関わる以上は自分の苦手意識を相手に悟られたくありません。

その為、いつも以上に気を使って会話をすることになります。

早く会話終わらないかなぁ。

話す時間が苦痛でしかありません。

できることなら、「職場の人間関係を改善」したいはず!

そんなピンポイントの悩みを次の項目から記載していきます。

苦手な上司との人間関係を改善する方法

嫌な上司

お前なんか上司じゃない!

それでも僕らは関わらないと。

上司という生き物を知る

上司と聞くと世間的にはあまり良いイメージはないですよね。

  • 部下に仕事を投げて自分は定時退社
  • 詳しく業務を知らないのに無理難題を要求
  • 自分の武勇伝をひたすらリピート

そんな苦手な上司にはどうやって関わればよいでしょうか?

嘘でも尊敬している人物だと思い込む

人は尊敬している人間に対しては態度がガラッと良くなります。

そして、どんな上司でも部下から敬ってほしいものです。

この考え方を利用して上司との人間関係を改善しましょう。

特に上司に尊敬している人物を照らし合わせることがポイントです。

  • 返事はできるだけ声色を高くする
  • 上司の考えを腹の中まで飲み込んでから相談する

この2つが上司との関係を改善する具体的な方法です。

返事はできるだけ声色を高くする

人は声色一つでその人が自分に対してどういう印象を抱いているかを判断できます。

上司になるような人なので、そのあたりの顔色を伺うスキルは天下一品です。

貴方が低い声で下を向きながら返事をするだけで

「こいつは自分のことが嫌いなんだな」と理解します。

改善する方法は上司の顔を見ていつもより少し大きな声で返事をするだけです。

返事が良い人は皆から良い印象を抱かれやすいので常に意識しましょう。

上司の考えを腹の中まで飲み込んでから相談する

苦手な上司から仕事を振られたり指摘を受けると

話半分で反論したくなっちゃいませんか?

きっと腹の中ではこう思っていますよね。

「仕事もろくに知らないくせに無茶なことばっかり言いやがって」

どんなに的外れな話でも一度最後まで話を聞いてみましょう。

そして「尊敬している人物から言われたことだと自分を騙しましょう」

すると、どうでしょうか?

「一理あるな、何かすごい意図が隠されているのかな」と思う機会も多くなり

ストレスとしてため込む量が減ります。

また、人間は自分の意見を遮られることに強い不快感を感じます。

その為、苦手な上司であっても、話を遮ることは絶対にやってはいけません。

加えて、上司は自分を頼ってほしい生き物なので

少しでもわからないところがある場合には

自分の考えを述べた後に不明点や提案を相談しましょう。

ここで重要なのが、「自分の意見を述べた後」という点です。

中身がない意見をされたところで、

「こいつは何も話を理解していない」と思われるだけなので

まずは自分の言葉を発したうえで上司に相談することがポイントです。

苦手な同期との人間関係を改善する方法

嫌な同期

同期なのになぜか苦手なんだよなぁ。

同期という生き物を知る

入社時期が一緒というだけで「同期」という一括りになります。

仕事において同期というのはお互いに切磋琢磨しあえる貴重な存在と認識されがちですが

  • 無駄に意識が高い
  • やたらプライベートに絡みがち
  • 同期のグループ行動を強要

そんな苦手な同期とはどうやって関われば良いでしょうか?

会社の仲間を見つける

苦手な同期の輪には無理に入らなくてもよい。

歩幅が同じ考えの同期がいる場合には仲よくすればよい。

この考えを利用して同期との人間関係を改善しましょう。

上司と違って同期は無理に関係を続けなくても大丈夫です。

ましてや自分が気を使ってストレスになるような存在とは関わるべきではありません。

  • 同期以外にも先輩や後輩がいる
  • 仲の良い同期だけと仲良くすればよい

この2つが同期との人間関係を改善する具体的な方法です。

同期以外にも先輩や後輩がいる

会社で仲良くなるのは同期だけではありません。

貴方がと仲良くなりたい先輩や後輩もいます。

無理に自分を犠牲にしてまで同期にしがみつく必要はないので

同じ部署や趣味のある先輩・後輩を仲間にしましょう。

仲の良い同期とだけ仲よくすればよい

同期がほかにもたくさんいる場合には

全員と仲良くする必要はないので

仲の良い同期とだけ仲よくしましょう。

まとめ~職場の人間関係改善~

会社員たち

どんな会社にも嫌な上司や先輩、同期はいます。

だからといって人間関係で苦しみながら仕事をしたり

会社を辞めたりするのはすごくもったいないので

嫌な人というイメージを別なものに変換したり

関わる必要がない場合は無理にかかわらないようにしましょう!